映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」公式サイト » 原作

原作者プロフィール 
宮川サトシ(原作)
1978年、岐阜県出身。大学卒業後、地元で学習塾を経営していたが、34歳の時にマンガ家を志して上京。2012年にギャグ漫画でデビューの後、エッセイマンガ・ギャグマンガを中心に活躍。代表作に「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」「情熱大陸への執拗な情熱」など。原作をつとめる「宇宙戦艦ティラミス」(くらげバンチ連載中)は、2018年にTVアニメ化された。

原作詳細ページ

コメント 
漫画の中で僕は「人の死にはエネルギーがある」と描きました。
それが今、監督や役者さん、スタッフさんたちによってまた増幅されようとしています。
ここまで読んで頂けた読者の皆様にも感謝しかありません。
「こんなどこにでもある話をやめといて~」と、お袋は恥ずかしがるだろうけど…
大好きな映画になれて良かったねぇ(笑)