映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」公式サイト » 監督・スタッフ

大森立嗣(監督・脚本)

プロフィール 
1970年、東京都出身。大学時代に入った映画サークルがきっかけで自主映画を作り始め、卒業後は俳優として活動しながら荒井晴彦、阪本順治、井筒和幸らの現場に助監督として参加。2001年、プロデュースと出演を兼ねた奥原浩志監督作『波』が第31回ロッテルダム映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。その後、『赤目四十八瀧心中未遂』(03)の参加を経て、2005年『ゲルマニウムの夜』で監督デビュー。第59回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門など多くの映画
祭に正式出品され、国内外で高い評価を受ける。二作目となる『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(10)では第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式招待作品に選ばれ、2010年度の日本映画監督協会新人賞を受賞。13年に公開された『さよなら渓谷』(13)では第35回モスクワ国際映画祭コンペティション部門にて日本映画として48年ぶりとなる審査員特別賞を受賞するという快挙を成し遂げる。さらには、『さよなら渓谷』『ぼっちゃん』(13)で第56回ブルーリボン賞監督賞も受賞した。また現在、大ヒット公開中の『日日是好日』(18)では、第43回報知映画賞監督賞を受賞。主な監督作に『まほろ駅前多田便利軒』(11)、『セトウツミ』(16)などがある。
コメント 
2017年の夏、岐阜の大垣で映画を作っていました。
ちょっと怖いタイトルですが、おバカで、愛すべき家族の話です。
安田顕さん、倍賞美津子さんをはじめ、出演者たちの笑顔や泣き顔を未だに思い出します。早く皆さまにお届けしたいです。
山本KIDさんのこと 
大森立嗣監督より、
2018年9月18日にご逝去されました
山本“KID”徳郁さんへ寄せられたメッセージです。

 この映画ではステージ4のがんを宣告された主人公の母(倍賞美津子)と主人公(安田顕)が、現実を受け止めきれず思い悩むシーンがあります。その時、主人公にある人物が頭に思い浮かびます。格闘家の山本KIDさんです。

 原作にないこのシーンを、僕は山本KIDさんありきで書きました。もし僕が映画と同じ状況に置かれたら、それでも奇跡を起こしたいと思ったら、加速度的に発達していく医学やAIを駆使しても立ち向かえないものがあるのなら、神頼みしかありません。

 自らを『格闘の神の子』と言う山本KIDさん。リング上での彼の瞳は爛々と輝き、小さな体からは尋常ではないエネルギーが溢れ出ていました。その姿はサバンナのチーターのようで、まさしく野生でした。それは人智の及ばない領域、つまり神の領域です。KIDさんは神に近付きすぎたのかもしれません。僕はそんな風にKIDさんのことを思っていました。だからどうしてもKIDさんに出演(写真ですが)して欲しかった。そして主人公の心の支えになって欲しかった。

 オファーした時、すでにKIDさんはがんを患っていたそうです。僕はそのことを知っていたらオファーできませんでした。それでもKIDさんは快諾していただきました。どのような思いで許可をくださったのか心中は計り知れません。そして残念ながらKIDさんは亡くなってしまいました。

 結果、最初の意図とは違う伝わりかたになるのかもしれません。映画監督としてはいかがなものかとも思います。それでも僕はKIDさんのシーンを残すことにしました。KIDさんの死は衝撃でした。けれどもあのリングでの神々しい姿は、死よりももっと強く僕の記憶に残っていますから。

 山本KIDさんのご冥福をお祈りいたします。

大森立嗣

大友良英(音楽)

1959年、横浜出身。十代を福島市で過ごす。東日本大震災を機に立ち上げたプロジェクトFUKUSHIMA !で芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)では、東京ドラマアウォード特別賞、レコード大賞作曲賞などを受賞。主な作品に『blue』(03/安藤尋監督)、『色即ぜねれいしょん』(09/田口トモロヲ監督)、『その街のこども』(11/井上剛監督)、『俳優 亀岡拓次』(16/横浜聡子監督)、2019年NHK大河ドラマ「いだてん」など。

槇 憲治(撮影)

1971年、埼玉県出身。奥原浩志監督『黒四角』(14)でカメラマンデビュー。主な作品に『続・深夜食堂』(16/松岡錠司監督)、『海辺の生と死』(17/越川道夫監督)、『リバーズ・エッジ』(18/行定勲監督)など。大森立嗣監督作品は『光』(17)、『日日是好日』(18)に続き、3作目となる。

野村直樹(照明)

1983年、高知県出身。主に長田達也氏、中村祐樹氏に師事。『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』(09/根岸吉太郎監督)、『あなたへ』(12/降旗康男監督)、『舟を編む』(13/石井裕也監督)、『日本で一番悪い奴ら』(16/白石和彌監督)など、数多くの映画に照明助手として参加。大森立嗣監督作『光』(17)で照明技師デビューし、本作で再タッグを果たす。

安宅紀史(美術)

1971年、石川県出身。『月光の囁き』(99/塩田明彦監督)で美術監督としてデビュー。主な作品に『南極料理人』(09/沖田修一監督)、『横道世之介』(13/沖田修一監督)、『恋人たち』(15/橋口亮輔監督)、『岸辺の旅』(15/黒沢清監督)、『クリーピー 偽りの隣人』(16/黒沢清監督)、『羊の木』(17/吉田大八監督)、『ハード・コア』(18/山下敦弘監督)などの他に、『ノルウェイの森』(10/トラン・アン・ユン監督)など海外監督の作品も手掛ける。

山本直輝(美術)

『ソドムの市』(03/高橋洋監督)で初めて美術を担当。美術として『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『さよなら歌舞伎町』(15/廣木隆一監督)、『チェリーボーイズ』(17/西海謙一郎監督)など。装飾として『トウキョウソナタ』(08/黒沢清監督)、『私の男』(13/熊切和嘉監督)、『横道世之介』(13/沖田修一監督)、『紙の月』(14/吉田大八監督)、『羊の木』(17/吉田大八監督)など。脚本作に『コワイ女 鋼』(06/鈴木卓爾監督)がある。

赤澤靖大(録音)

録音助手として『GO』(01/行定勲監督)、『水の女』(02/杉森秀則監督)、『いま、会いにゆきます』(04/土井裕泰監督)、『まだまだあぶない刑事』(05/鳥井邦男監督)、『シャカリキ!』(08/大野伸介監督)などの作品に参加。12年には『ぼくが処刑される未来』(小中和哉監督)に録音技師として参加し、主な作品に『ボクは坊さん。』(15/真壁幸紀監督)、『後妻業の女』(16/鶴橋康夫監督)、『疾風ロンド』(16/吉田照幸監督)などがある。

早野 亮(編集)

1976年、兵庫県出身。大森立嗣監督作は『ぼっちゃん』(13)、『さよなら渓谷』(13)、『まほろ駅前狂騒曲』(14)、『セトウツミ』(16)、『光』(17)、『日日是好日』(18)に続き、7作目。主な作品に、デビュー作となる『家族X』(11/吉田光希監督)、『大鹿村騒動記』(11/阪本順治監督)、『人類資金』(13/阪本順治監督)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15/瀬々敬久監督)など。『64-ロクヨン-前編』(16/瀬々敬久監督)で第40回日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞。

豊川京子(ヘアメイク)

主な作品に『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07/松岡錠司監督)、『座頭市 THE LAST』(10/阪本順治監督)、『悪人』(10/李相日監督)、『舟を編む』(13/石井裕也監督)、『テルマエ・ロマエⅡ』(14/武内英樹監督)、『怒り』(16/李相日監督)、『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17/石井裕也監督)、『今夜、ロマンス劇場で』(18/武内英樹監督)など。大森立嗣監督作は『まほろ駅前多田便利軒』(11)、『日日是好日』(18)に続いての参加となる。